NZ銃乱射で銃撃犯を退散させた驚きの方法!勇敢な信者の行動が市民の命を救う「後部ガラスをたたき割る」

NZモスクの銃乱射テロの銃撃犯を追い掛け退散させた勇敢な信者が2人いたことがわかりました。

2人はテロの犯人に勇敢に立ち向かい撤退させたそうです。

彼らの顔画像や事件の詳細をまとめます。

モスクの銃乱射事件に立ち向かった勇敢な2人の信者についての概要

ニュージーランド南島のクライストチャーチで15日に発生したモスク(イスラム礼拝所)の銃乱射事件で、銃撃犯の男が捨てた空のライフルを拾って銃撃犯に立ち向かい、退散させた勇敢な信者がいたとの生存者男性の証言を、地元メディアが伝えた。

白人至上主義者を自称するブレントン・タラント容疑者が一つ目のモスク襲撃を終えてリンウッドモスクに現れた時、アラビ・ラティーフ(Alabi Lateef)さんは他の信徒らと礼拝で祈りをささげていた。ニュージーランドのニュースサイト「スタッフ」によると、銃声を耳にしたラティーフさんはすぐに祈りを中断。窓から外を見ると、マシンガンを手にした重装備姿の人物がいた。「床に目をやると、既に2、3人が死んでいた。その時、これは異常事態に違いない、テロリストの襲撃だと悟った」

ラティーフさんは礼拝の参列者たちに身をかがめるよう指示し、銃撃が途切れた隙に信者の男性1人と共に銃撃犯に立ち向かおうと決意した。この信者男性がモスクの外に飛び出していくと、銃撃はやんでいた。2人はタラント容疑者が弾が切れたライフルを放置して車に戻ろうとしていると気付いた。信者男性は空になったライフルを拾ってタラント容疑者を追い掛けた。男性が手にしていたライフルでタラント容疑者が乗り込んだ車の後部ガラスをたたき割ると、タラント容疑者は車で逃げ去ったという。

それから間もなく、タラント容疑者はリンウッドモスクからそう遠くない場所で武装警官2人に身柄を取り押さえられた。ラティーフさんと信者男性の勇気ある行動が、被害の拡大を防いだと言えるだろう。タラント容疑者が運転していた車は、後部ガラスが激しく割れていたという。信者男性は、タラント容疑者が逃げ去るとすぐにモスク内に戻り、銃撃で負傷した人たちの救助に当たった。

ラティーフさんは「こんな事件が起きて非常に悲しい。それでもニュージーランドは平和な国だと信じている。これからは良いことがあると願っている」と、涙をこらえながらスタッフに語った。(引用元:https://www.afpbb.com/articles/-/3216165?pid=21085786)

 

 

 

(出典元:https://www.afpbb.com/articles/-/3216165?pid=21085786)




犯人に立ち向かった勇敢な信者2人の写真や情報

報道では男性信者2人とされていますが

もう一人の男性については詳細は分かっていません。

分かっている情報をまとめます。

プロフィール

名前:アラビ・ラティーフ(Alabi Lateef)さん

性別:男性

 

 

 

(出典元:https://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=12213545)

 

 

(出典元:https://www.withinnigeria.com/2019/03/17/new-zealand-mosque-attack-how-nigerian-imam-lateef-alabi-escaped-death/)




銃撃犯を追い掛け退散させた方法は?

報道内容をまとめると、アラビ・ラティーフさんと信者の男性は2人でタラント容疑者を追いかけました。

犯人の弾が切れたライフルを放置して車に戻ろうとしていることに気付き

信者男性は空になったライフルを拾ってタラント容疑者を追い掛け

容疑者が乗り込んだ車の後部ガラスをライフルでたたき割るとタラント容疑者は車で逃げ去りました。

報道では

ラティーフさんと信者男性の勇気ある行動が、被害の拡大を防いだと言えるだろう

と語られています。

大量殺人テロの現場に居合わせて

あの地獄絵図を見た直後に犯人に立ち向かう勇気が信じられません。

彼らの勇気ある行動は本当に素晴らしいです。

アラビ・ラティーフさんの言葉

アラビ・ラティーフさんはこんな風にメディアに語りました。

“I never thought this would happen in New Zealand, never, never, never, believe me. But it’s happened…. we just feel bad about those who have passed away … and for their families”.

「私はこんなことがニュージーランドで起こるとは思わなかった、決して決して、決して信じたくない。しかし、それは起こってしまった…私たちは、亡くなった人たちや彼らの家族のことを思うと胸が痛い… “.

「こんな事件が起きて非常に悲しい。それでもニュージーランドは平和な国だと信じている。これからは良いことがあると願っている」

(引用元:https://www.afpbb.com/articles/-/3216165?pid=21085786)




まとめ

NZモスクの銃乱射テロの銃撃犯を追い掛け

退散させた勇敢な信者が2人いたことがわかりました。

アラビ・ラティーフさんと信者の男性は2人でテロの犯人に勇敢に立ち向かい撤退させたそうです。

彼らの勇敢な行動が多くの市民の命を守りました。

しかし、亡くなった方は多く今も悲しみは絶えません。

モスク銃乱射テロ動画ライブ配信映像、犯行動機は「少女の死への復讐」

NZの刑務所が綺麗すぎてヤバイ!銃乱射 死者50人に,ブレントン・タラント容疑者の単独犯か

八尋潤の顔写真が特定!共犯者の母親の情報も!手足縛り水風呂放置で虐待、福岡県筑紫野市

後藤真希旦那のDVが原因で浮気!ブログで見えた不倫の兆候も解析!「アザできてもう無理だったのよ」

是非ブックマークお願いします!
今日も読んで下さってありがとうございました



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください