長久允監督ウィーアーリトルゾンビーズ24時間無料公開した理由がヤバイ!「何かに悩んでいたら観てみてほしい」

感情を失った13歳の中学生が主人公の映画

ウィーアーリトルゾンビーズ』が夏休み最終日の8月31日に

公式ホームページで24時間限定全編無料公開され話題になっています

なぜ公開中にも関わらず無料公開したのでしょうか?

そこには監督のある思いがありました

記事の概要

感情を失った13歳の中学生が主人公の映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』が、夏休み最終日の8月31日に公式ホームページで24時間限定で全編無料公開される。メガホンを取った長久允監督は、「僕はこの映画を、今、悩んでいる中高生の方や、当時悩んでいた自分自身へ向けて作りました。もしあなたが中学生で、そして何かに悩んでいたらこの映画を試しに観てみてほしいです」とコメントを寄せた。『そうして私たちはプールに金魚を、』で第33回サンダンス映画祭短編部門グランプリを受賞した注目の才能・長久允監督の長編デビュー作にあたる本作。両親を亡くしても泣けず、ゾンビのように感情を失った少年少女たちが、こころを取り戻すための冒険の中でたどり着いたゴミ捨て場でバンドを結成し、予想もしない運命に翻弄されていく姿を描く。そんな本作が、夏休み最終日の学校も多い8月31日の0時~23時59分に公式ホームページで異例の無料公開に。これは「子どもたちにこそ観てもらいたい」という監督たっての希望であり、長久監督は「8月31日、夏休み最後の日に。絶望的なこの日に、どうか絶望しないように、13歳のあなたに。かつて13歳だったあなたに」とメッセージを送っている。(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000019-flix-movi )

ウィーアーリトルゾンビーズ感情を失った13歳の中学生とは?

(出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000019-flix-movi )

『ウィーアーリトルゾンビーズ』は

感情を失った13歳の中学生が主人公の映画です

両親を亡くしても泣けずゾンビのように感情を失った少年少女たちが

こころを取り戻すための冒険の中でたどり着いたゴミ捨て場でバンドを結成し

予想もしない運命に翻弄されていく姿を描いています




長久允監の督映画に込める思い「何かに悩んでいたら観てみてほしい」無料公開の理由に感動!

(出典元:本人ツイッター)

この映画のメガホンを取ったのは

33回サンダンス映画祭短編部門グランプリを受賞した

注目の才能・長久允監督

監督は

「僕はこの映画を、今、悩んでいる中高生の方や、当時悩んでいた自分自身へ向けて作りました。もしあなたが中学生で、そして何かに悩んでいたらこの映画を試しに観てみてほしいです」

とコメントを寄せています




 

長久允監督からのメッセージ

―8月31日 世界一憂鬱な日に!
『ウィーアーリトルゾンビーズ』という映画の主人公たちは13歳の中学生です。
彼らは親を亡くして、否応無しに冒険に出なければならない・・・そして・・・という物語です。
僕はこの映画を、今、悩んでいる中高生の方や、当時悩んでいた自分自身へ向けて作りました。
もしあなたが中学生で、そして何かに悩んでいたらこの映画を試しに観てみてほしいです。
なにか少しでも、たとえば今のままでもありだな、など思ってもらえたらと願っております。
8月31日、夏休み最後の日に。
絶望的なこの日に、どうか絶望しないように、
13歳のあなたに。かつて13歳だったあなたに。
監督 長久允
~8月31日限定『ウィーアーリトルゾンビーズ』無料ネット公開にあたって~

PS
どうしても今、なるべく多くの方に届けたくて、
今回ネットでの期間限定公開に踏みきらせていただきました。
まだ映画館でも上映中の映画を、ネットで見れるというのは異例のことで、
私の希望に対し、関係者の皆さまご理解くださり誠にありがとうございます。
この場を借りて御礼申し上げます。
(ですので!ネットで観て気に入って下さったならどうか映画館でも観てみてくださいませ!)




この報道を受けてネットの声

この報道を受けて世間はどう感じているのでしょうか

リアルなネットの声をまとめます




まとめ

『ウィーアーリトルゾンビーズ』が夏休み最終日の8月31日に

公式ホームページで24時間限定で全編無料公開され話題になりました

そこには監督の「たとえば今のままでもありだな、など思ってもらえたらと願っております。」

という熱い思いがありました

ぜひチェックしてみたい映画です

人気最新記事一覧

是非ブックマークお願いします!
今日も読んで下さってありがとうございました




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください