篠原武之顔画像は?福岡県で電動工具窃盗で逮捕!容疑を認めた理由が切ない「本当のこと言って」

福岡県飯塚市内の倉庫に侵入し電動工具を盗んだとして窃盗などの疑いで

篠原武之容疑者(41)が逮捕されました

逮捕に至った理由は悲しいものでした

なぜ盗んだのか?容疑者の顔画像は?事件についてまとめます

事件の概要

福岡県警飯塚署は7日、電動工具を盗んだとして窃盗などの疑いで、飯塚市の会社員篠原武之容疑者(41)を逮捕した。逮捕容疑は7月16日朝、飯塚市内の倉庫に侵入し、電動工具2点(約6万円相当)を盗んだ疑い。「生活費がなく、盗んで売ろうと思った」と容疑を認めている。犯行の2日後、地元テレビ局が県内で工具窃盗が相次いでいると報道。長女がLINE(ライン)で「本当のこと言って」と問い詰めたところ「した(盗んだ)」と認めたため、家族が署に相談していた。(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000040-spnannex-soci)

 

事件があった場所は福岡県飯塚市内の倉庫

事件があったのはこちらです

福岡県飯塚市内の倉庫




篠原武之容疑者の顔画像やプロフィールは?

現在容疑者の顔画像はメディアに出回っていませんが

現段階で分かっている情報をまとめます

  • 篠原武之容疑者
  • (41)
  • 飯塚市
  • 会社員
  • 飯塚市内の倉庫に侵入し電動工具2点(約6万円相当)を盗んだ疑い

 

電動工具を盗んだとして窃盗などの疑いで

会社員の篠原武之容疑者(41)を逮捕されました

篠原武之容疑者は容疑を認めているとのことですが

逮捕に至った理由は悲しいものでした




篠原武之容疑者が逮捕された理由が切なすぎる

電動工具を盗んだとして窃盗などの疑いで逮捕された篠原武之容疑者(41)ですが

なぜ捕まったのでしょうか?

 

地元テレビ局が県内で工具窃盗が相次いでいると報道した際に

長女がLINE(ライン)で「本当のこと言って」と問い詰めたところ

「した(盗んだ)」と認めたため家族が署に相談していたとのことで

逮捕容疑は「生活費がなく、盗んで売ろうと思った」と容疑を認めています

 

生活費がなく盗んで捕まるかもしれないという切羽詰まった状況だったのでしょうか?

その気があれば他の仕事も頑張れたのではないでしょうか・・・

生活費のことも家族で頑張ればどうにかなっていたのでは?と思うと悲しいです

ネットでは娘さんへの賛辞と励まし、容疑者への更生の声が多く上がっています




この報道を受けてネットの声

この報道を受けて世間はどう感じているのでしょうか

リアルなネットの声をまとめます

  • なんとも言えない事件ですね。でも娘さんも父親を想ってのことだと思います。誰にでも出来る事ではないので、父親も娘さんの気持ちに応えてこれから頑張って下さい。
  • 蛙の子は蛙というが、今回は違ってて良かった。
    亡き父が言ってた。
    親の後ろ姿を見て、良いと思う所を真似して悪いと思うところはそうならないように学習しろと…
    昔の親父だから子育ては暴力。それは真似できないししなかった。俺の子供たちみんな女の子だったし。
    仕事はコツコツと人より1時間早くでて段取り。
    それは俺はしている。
  • 子供を食べさせていけない会社員って。借金でもあったのか、浪費癖があったのか。給料が安すぎるのか・・・・。
  • 娘さんの正義感の強さが事件解決を導いたんだね。
    親父失格だよ
  • 娘の前で嘘つかなかったって事は、まだギリギリやり直すチャンスはあると思う。今からでも娘が誇れるような父親になって下さい。
  • 娘さんを立派に育ててますね。お父さんの更生と娘さんのまっすぐな成長を願っています。
  • 娘がちゃんとした子で良かったです。
  • 立派な娘さん
    父親はしっかり反省して罪を償ってほしい(引用元:Yahoo!ニュース)




まとめ

福岡県飯塚市内の倉庫に侵入し電動工具を盗んだとして窃盗などの疑いで篠原武之容疑者(41)が逮捕されました

逮捕に至った理由は家族からの問い詰めでした

ネットでは「娘さんの正義感の強さが事件解決を導いた」

「まだギリギリやり直すチャンスはある」と言った声が多く上がっています

なんとも切ない事件でしたがしっかり罪を償ってやり直すことを願っています

人気最新記事一覧

是非ブックマークお願いします!
今日も読んで下さってありがとうございました




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください