節分かんたん説明!子供もお年寄りも食べられる節分レシピのご紹介

もうすぐ「鬼は外、福は内」でお馴染みの節分ですね!

今回は節分についてその由来や、節分を行う人に向けにオススメしたい楽しみ方
そして子供からお年寄りまで楽しめる節分レシピまで紹介します

スポンサーリンク

 

節分(2月3日)『みんなの健康と幸せを願う日』

節分は、「みんなが健康で幸せに過ごせますように」という意味をこめて、悪いものを追い出すという日です。
「鬼は外、福はうち」と言いながら豆まきをすることで厄払いを行うようになりました。

 

節分はなぜ2月3日?

節分という言葉には「季節を分ける」という意味があり、昔の日本では春は一年のはじまりとされ、特に大切にされていました。本当は年間に4回節分の日はありますが、一年の始まりである立春(旧暦のお正月)を迎える前日に、清め新しい年を迎えよるための儀式として節分の行事を行うようになりました。
そのため、春が始まる前の日、つまり冬と春を分ける日だけを節分と呼ぶようになったそうです。
ちなみに暦の上で春が始まる日を「立春」(2月4 日ごろ)と呼ぶびますよね。
立春の前の日だから、節分は2月3日に行われるのですね。

 

鬼をやっつけるのは厄払いのため

その悪いものを「鬼」と呼ぶのですが、もともとは鬼の姿は決まってなかったそうです。
節分の日と関連が深いのが厄年と厄払いです。旧暦のころのお正月は立春の日出であったことはご紹介していましたが、新しい年を迎える前までに邪を払いましょうという考えから来ています。
ということで、厄年の人は厄払いをするのは節分の日までに行いましょう。

どうして節分は豆をまくのでしょうか?

悪いものを追い払い、福を呼び込むために、豆まきをするようになりました。
鬼に炒った豆をぶつけて、悪いものを追い出すというイメージですね。

節分には豆と食恵方巻を食べましょう

豆まきをした後は、豆を自分の歳の数だけ食べると、体が丈夫になって病気になりにくいと言われています。
また、節分の日の夜にはその年の恵方を向いて、願い事を思いながら一言も話さずに食べると、願い事がかなうとも言われています。節分はやることも食べるものも多くて忙しいですね!

節分を彩るレシピやアイデアをご紹介!

 

まとめ

いかがでしたか?節分についての由来や行事の意味、節分の日に楽しめるレシピのご紹介でした。
今年の節分も家族みんなでたのしみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください