犬にかまれ10カ月の乳児死亡/祖父母を書類送検/犬はどうなった?

東京都八王子市で2017年、安田翠(みどり)ちゃん(当時10カ月)がゴールデンレトリバー(体長約70センチ、体重約35キロ)にかまれて死亡した事故で、警視庁は19日、犬への注意を怠ったとして乳児の祖父(60)と祖母(58)を過失致死の疑いで書類送検した。
同庁への取材でわかった。容疑を認めているという。

南大沢署によると、祖父母は2017年3月9日午後4時35分ごろ、八王子市の自宅で放し飼いにしていたゴールデンレトリバーが危害を加えないように注意する義務を怠った疑いがある。
孫の乳児が頭をかまれ、失血死した。乳児はこの日、保育園で発熱して母方の祖父母宅に預けられ、祖父母とともに1階居間にいた。ハイハイをしていた際に突然かみつかれたという。
警視庁南大沢署は19日、飼い主だった翠ちゃんの祖父(60)と祖母(58)を過失致死容疑で書類送検した。


ニュースによると、放し飼いされていたゴールデンレトリバーが赤ちゃんにかみついてしまったようです。
その後乳児は頭をかまれたことによる失血が原因で死亡してしまいました。

一般的にゴールデンレトリバーは「温厚」だとか「人懐っこい」犬であると知られています。
そんな犬がなぜ赤ちゃんを殺してしまったのでしょうか?
また、その後ゴールデンレトリバーはどうなってしまったのでしょうか?

そこでまず、ゴールデンレトリバーの性格について少し触れたいと思います。


なぜ噛み付いた?ゴールデンレトリバーの性格

ゴールデンレトリバーは「信頼できる優しい性格」「飼い主と共に働くことを喜びとする」という犬種で
「賢い、温和、知的、親しげ、確実」と表現されています。

人間に同調する能力を持つため、家族が静かにしているときには静かにし
遊ぶときには一緒に大いにはしゃいで遊ぶ性質もあります。

 ゴールデンレトリバーは非常に頭も良く、優しく温厚な性格なので
事故があった時に何らかのストレスがあったのではないかと推測されます。 

犬がストレスを感じる行為とは

1 放置される…誰も声をかけてくれない・かまってくれない

2 運動・散歩できない…24時間鎖に繋がれたまま動けない・年齢に合った距離や時間の運動ができていない

 3 家庭環境…家族の不仲・人の出入りが激しい(家族の増加なども含む)

 

「10カ月の女児、飼い犬にかまれ死亡」に対する世間の声

「ゴールデンレトリバー飼ってたから、この事件は胸が痛い」

「ゴールデンレトリバーが赤ちゃんを噛んで死なせちゃった事件。飼い犬って表記されてるけど、祖父の犬らしいね。慣れてない状態で犬と一緒にしちゃあかんと思うよ…」

「 いやでもこれは飼い主である親が悪いので殺処分とか本当にやめてあげて欲しい」

「実家の小型犬がレトリバーに殺されかけたことあるけど、あれは襲ったというより、雑多に噛んで持ち上げたって感じだったぽかった。」

「ゴールデンレトリバーは赤ちゃんを動くオモチャだと思った感じだなあ・・・よくある、細い部分を咥えて左右に振るあの遊び・・・なんで預けた祖父母は見てなかったんだよ・・・」


あのゴールデンレトリバーはどうなったの?まとめ


あの事件の後、ゴールデンレトリバーはどうなったのでしょうか?

色々と調べてみましたが、ゴールデンレトリバーがどうなったのかは分かりませんでした。


しかし、今回乳児の祖父(60)と祖母(58)を過失致死の疑いで書類送したとのニュースの際に
「飼い主だった翠ちゃんの祖父(60)と祖母(58)を過失致死容疑で書類送検した。」
という表現が使われています。

飼い主だった ということは、もしかしたら今は一緒に暮らしていないのかもしれません。
人間が注意をしていたら起こらなかった今回の悲しい事件。
殺傷処分は罪が重すぎます。
ゴールデンレトリバーが今でも無事に生きている事を願います。


2 件のコメント

    • それが真実なら悲しいです。
      動物の肉を食べる時点で「可哀想」と自分がいうのもおかしい話ですが
      個人的に犬には思い入れがありますので…
      こんな事故が二度と起きないことを願います。
      コメントありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください