後藤真希旦那のDVが原因で浮気!ブログで見えた不倫の兆候も解析!「アザできてもう無理だったのよ」

後藤真希さんの浮気原因は旦那の束縛やDVだったようです

後藤真希さんが「アザできてもう無理だったのよ」と新たに親しい人に語ったというコメント

本人のブログで見ることができた浮気の兆候を調べ、まとめました。

 

不倫の原因は旦那?後藤真希の旦那の写真やプロフィール

 

現在、後藤真希さんの旦那が浮気相手の男性に対し330万円の損害賠償を請求しています。

しかし今回の後藤真希さんの浮気の原因は旦那さんにあり

不倫の原因旦那さんの束縛DVではないか?とささやかれています。

後藤真希旦那のプロフィール
プロフィール

名前:非公開

年齢:30歳

職業:建築作業員

2014年 後藤真希と結婚

浮気発覚のキッカケ:後藤真希さんの車のドライブレコーダー

旦那さんは一般人とのことで顔は公表されていませんが、

建築作業員とのことからネットでは「筋肉オラオラ系」と噂されています。

後藤真希さんのインスタグラムからはこんな家族の写真も出てきました。

 

View this post on Instagram

 

後藤真希さん(@goto_maki923)がシェアした投稿




夫婦関係は破綻していた?後藤真希が語った旦那のDVや束縛

 

後藤真希さんは親しい関係者にこう話しているという情報が入ってきました。

「(夫から)電話来なきゃいいけど。出るまでかけてくるからね。ラインも返事しないとスタンプ連打だよ。」

「私の行くところ前もって一つ一つ話さないと嫌みたい。全部自分から一個ずつ伝えておくべきなの?点滴で何を入れるのとかも成分まで教えなきゃいけないものなの?」

「人間じゃないだの、狂ってるだの、罵られまくって、だったら人間辞めてやるから待ってなよってなって。あちこちアザできてもう無理だったのよ」

 

と語っていたそうです。

このコメントが本当であれば、旦那さんの束縛やDVは相当なものだったということになりますね。

後藤真希さんのブログでの直筆メッセージでは

「夫婦関係を再構築」するといった内容になっていますが、DV旦那だったとすると

むりやり書かされているのでは・・・という心配も出てきます。

 

View this post on Instagram

 

後藤真希さん(@goto_maki923)がシェアした投稿




後藤真希の関係者の供述、「いっちゃった」と聞いている

 

後藤真希さんの関係者の方からも情報が入ってきているようなのでまとめます。

「(夫)の束縛がひどいのは周囲や後藤家の中でも問題になっていました。

旦那さんは仕事を休んでまで真希ちゃんの仕事現場にどうこうしようとする。

真希が精神的に参っていたのは事実。

そんなときに不倫相手が優しくしてくれて「いっちゃった」と聞いている」

 

旦那さんとの婚姻関係が破綻し、そんなときに元彼に優しくされて

ホテルで浮気をしてしまったのでしょうか。

一緒に映画館でペアシートで鑑賞したり、ホテルに泊まったりと

その間 子育ては旦那さん一人に任せていたのでしょうか?

束縛やDVがあったとすると後藤真希さんもかわいそうですが、一番かわいそうなのは子供さんですね。

 

不倫の証拠はブログにもあった

今回の元サヤ不倫騒動があってから、後藤真希さんのブログを調べると

ブログにも明らかに不倫の証拠となる事実が浮かんできました。

実はブログに出てくる「パパ」という文字の回数に変化があり、不倫の兆候が見て取れるのです。

後藤真希ブログ内に「パパ」が出てきた回数
2016年:89回

2017年:108回

2018年:15回 うち、浮気関係にあった3月~6月に至っては0回

2019年:21回

パパという文字が去年になってグッと減っています。

108回から15回に減ってしまったのには「書きたくない」といった精神的な理由がありそうです。

しかも不倫関係にあった2018年の3月~6月に至っては0回ということなので

わかりやすいですね。


まとめ


元モー娘。の後藤真希さんの不倫の原因は旦那さんのDVや束縛ではないか
と言われていて

DVや束縛に対する後藤真希さん側の様々なコメントも出てきています。

現在は旦那さんと浮気相手の元彼が泥沼裁判中とのことです。

また情報が入り次第お伝えします。

おすすめ記事はこちら

アパ不倫の後藤真希、浮気相手の画像流出?家庭やプロフィールなど

是非ブックマークお願いします!
今日も読んで下さってありがとうございました



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください