岸順康容疑者顔画像!刃物を持ち車で逃げるも事故を起こし逃走!身を潜めていたのは意外な場所だった

包丁を隠し持っていたのが警察バレて車で逃げる途中で

追突事故を起こしそのまま逃走していた岸順康容疑者(55)が逮捕されました

この時に一緒だった義理の息子である岸国秀容疑者は逮捕されています

容疑者らの顔画像は?なぜ刃物を持っていたのか?

また、身を潜めていたのは意外な場所でした

事件についてまとめます

事件の概要

包丁を隠し持っていた疑いで警察に追われている途中に、追突事故を起こし、そのまま逃走していた男が逮捕されました。銃刀法違反の疑いで逮捕されたのは、住所不定の無職・岸順康容疑者(55)です。警察によりますと、順康容疑者は先月21日、王寺町内で義理の息子である岸国秀容疑者と共にかばんの中に包丁を隠し持っていた疑いです。2人は職務質問を受けた際に車を急発進させ、別の車に追突する事故を起こしていて、この時、国秀容疑者は逮捕されましたが順康容疑者は車を乗り捨てて逃げていました。順康容疑者は事件の後明日香村にある知人宅に潜伏していて事件から2週間後の逮捕となりました。2人が持っていた包丁はすでに押収された1本だけとみられていますが、順康容疑者は調べに対し「睡眠薬を飲んでいたので、なぜ包丁を持っていたか覚えていない」と容疑を否認しているということです。(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00010001-tvnv-l29)

 

事件があった場所は王寺町内

事件があったのはこちらです

王寺町内




岸順康容疑者の顔画像やプロフィールは?

現在容疑者の顔画像はメディアに出回っていませんが

事故の際の車の写真を入手しました
(出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00010001-tvnv-l29)

現段階で分かっている情報をまとめます

  • 岸順康容疑者
  • (55)
  • 住所不定
  • 無職
  • 銃刀法違反の疑いで逮捕
  • かばんの中に包丁を隠し持っていた

 

  • 岸国秀容疑者(義理の息子)
  • 王寺町内
  • 銃刀法違反の疑いで逮捕
  • かばんの中に包丁を隠し持っていた

 

包丁を隠し持っていた疑いで警察に追われている途中に

追突事故を起こしそのまま逃走していた岸順康容疑者(55)が逮捕されました

車の破損具合から相当のスピードを出していたのがわかりますね

義理の息子である岸国秀容疑者は事故の際に逮捕されましたが

岸順康容疑者(55)は逃走していました




岸順康容疑者が事故を起こすも逃走!身を潜めていた場所は・・・?なぜ刃物を持っていた?

岸順康容疑者(55)と岸国秀容疑者は包丁を隠し持っていたことが警察にバレて

車で逃げようとして事故を起こしました

その際に順康容疑者は車を乗り捨てて逃げていました

一体どこに逃げていたのでしょうか?

 

実は事故の後順康容疑者は事件の後ある知人宅に潜伏していたとのことです

知人もよくかくまったものですね・・・

 

順康容疑者は調べに対し

「睡眠薬を飲んでいたのでなぜ包丁を持っていたか覚えていない」

と容疑を否認しているということです

刃物については語っていませんがネットでは

「包丁を持っていた理由がわからなかったら

人に危害を加えるといけないので犯人は外出してはいけない」との声も上がっています




この報道を受けてネットの声

この報道を受けて世間はどう感じているのでしょうか

リアルなネットの声をまとめます

  • 包丁を持っていた理由がわからなかったら、人に危害を加えるといけないので、犯人は、外出してはいけないですね!
  • 職質から逃走、潜伏。どうも普通の市民ではなさそうだな。
  • 無職でも生きていけるのが羨ましい!
  • ふつう逃げんわな。よ~く調べてください。
  • 言い訳野郎が増えすぎた。又やる気満々じゃない。何度でもやるよ、こういうタイプの嘘つきは。(引用元:Yahoo!ニュース)




まとめ

包丁を隠し持っていたのが警察バレて車で逃げる途中で

追突事故を起こしそのまま逃走していた岸順康容疑者(55)が逮捕されました

刃物を持って警察からは逃走、しかも事故まで起こすとなると

恐ろしくて外を歩かないでほしいですね

今後このような事件・事故が起こらないことを祈ります

人気最新記事一覧

是非ブックマークお願いします!
今日も読んで下さってありがとうございました




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください