小4女児死亡 母親も傷害容疑で逮捕・暴行を黙認していた?

千葉県で小学4年生の女の子が自宅で死亡父親が傷害の疑いで逮捕されるという悲しい事件が起こりました。
なぜこんな事件が起こったのでしょうか?
また、今回 母親であるなぎさ容疑者(31)も事件に関与しているとの情報も入ってきました。

事件について、DVの現状について調べました。

スポンサーリンク

事件の真相、犯人は父親

千葉県野田市で小学4年生の女の子が自宅で死亡し、父親が傷害の疑いで逮捕された事件で、警察は当時、自宅にいた母親も暴行に関与したとして傷害の疑いで逮捕しました。警察は、両親への取り調べを進め、暴行の状況や女の子の死因などをさらに詳しく調べる方針です。

先月24日、千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかった事件では、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が暴行を加えたとして傷害の疑いで逮捕されました。

これまでの調べで、心愛さんは事件当日の午前10時ごろから夜にかけて、冷水のシャワーをかけられたり首付近をわしづかみにされたりする暴行を受けたとみられています。

捜査の結果 母親も傷害容疑で逮捕

当時、自宅には母親のなぎさ容疑者(31)と1歳の妹も一緒にいたということで、その後の捜査の結果、警察は、なぎさ容疑者も暴行に関与した疑いがあるとして、4日午前、傷害の疑いで逮捕しました。

警察は、両親への取り調べを進め、暴行の状況や心愛さんの死因などをさらに詳しく調べることにしています。

警察は、4日朝から事情を聴いていて、このあと逮捕する方針で、暴行の状況や心愛さんの死因などをさらに詳しく調べることにしています。


この事件に対するネットの声




 

母親が子供の暴行を黙認?母親もDV被害者?

捜査関係者によると、心愛さんが自宅で父親の勇一郎容疑者(41)から暴行を受け死亡した1月24日、母親のなぎさ容疑者(31)も自宅にいたという。県警は暴行を制止しなかったことが、共謀に当たると判断したとみられるようです。
また、なぎさ容疑者が勇一郎容疑者からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていた可能性があるとの情報を把握しており、関与の度合いを慎重に調べる方針のようです。

これに対するネットの声


まとめ

まだ幼い命が悲惨な行動によって絶たれるという悲しい報道でした。
父親のDVは子供だけでなく母親にまで及んでいたと推測されているようですが
真相究明し、今後このような事件が起こらないことを願います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください