大谷苦笑時期外れのサンタクロース!誰の要望?この姿を見たSNSの声!

エンゼルス大谷翔平投手(24)が19日(日本時間20日)
アリゾナ州テンピで春季キャンプ恒例行事となっているメディア向けの「フォトデー」でサンタ姿を披露しました。

この日は練習前にメディアなどが写真撮影や動画撮影を行っていたようで
今年初めて背番号「17」にユニホーム姿でグラウンドに姿を見せた大谷投手。

米国カメラマンからの要求でサンタの帽子をかぶることになり
「時期外れすぎじゃないですか?(時期が)1周回りすぎでしょ」と苦笑いしながらも要望に応じました。

 

View this post on Instagram

 

わ か な⚾️🍓さん(@wakana_17_s.ohtani)がシェアした投稿




大谷投手のかんたんプロフィール

生年月日:1994年7月5日 (年齢 24歳)
身長: 193 cm
体重:約90.7 kg

年俸: 54.5万アメリカ合衆国ドル (2018年)

 

大谷翔平さんは小学2年生の時に友人から誘われたことがキッカケで野球を始めたそうです。
『水沢リトルリーグ』へ入り2003年から本格的に活動を開始しています。

野球をはじめるキッカケについて大谷翔平さん本人が語っていました。

”野球を始めたのは小学2年生の時、友だちから誘われたのがきっかけでした。
父親も兄も野球をしていたので、キャッチボールはしていましたが、実際に練習に参加したらとても面白くて。
両親に「リトルリーグに入りたい!」とお願いしました。”
引用元:【子どもの頃に描いたイメージが現在のスタイルに繋がっている(子ども応援便り)】

友達から誘われるまで大谷翔平さんは野球をしていなかったとは意外ですね。

プロ野球を意識しだしたのは、リトルリーグで野球を始めてすぐだったんだとか。

高校時代は後にお伝えするとして、高校卒業後の2013年に日本ハムファイターズに入団しますが、
最初は日本のプロ野球界には入るつもりがなかったようです。

メジャーリーグで活躍することが夢だったので、ドラフト会議で日本ハムファイターズが交渉権を獲得したときも大谷翔平さんは会うことさえもしなかったんですよね。かっこいいですね。

しかし、プロ野球を経験してからメジャーリーグと契約したほうが活躍する確率が高いことと
投打二刀流の育成プランの説明を受けて大谷翔平さんは合意します。

この場合は、日本ハムファイターズの勝利というわけですね。

そして、2017年12月8日に念願のメジャーリーグ『ロサンゼルス・エンゼルス』と契約しました。

 

View this post on Instagram

 

alto_cocoさん(@klvhr09151207)がシェアした投稿




なぜ今サンタクロースに?この姿を見たSNSの声!

初めは 普通にバットを持って構えるポーズを作っていた大谷投手ですが
カード大手トップス社の要望でサンタクロースの帽子を被ることになったようです!

「時期外れ過ぎじゃないですか?」と苦笑いしながらも、快く撮影に応じています。
まさかのサンタクロース姿の要望にも快く応じるところが素敵ですね。

これをみたファンは
「もぅ~💕💕可愛い過ぎ😳😳😳」
「かわいい😍🤣🌙良い夢見れそう。おやすみなさい!」
「wwサンタの翔平🎅💕かわいい💗フォトデーでやや戸惑いながらも満面の笑み😊」

と、盛り上がりを見せています。

 

View this post on Instagram

 

nonko゚・*:.。❁さん(@shohe_n17)がシェアした投稿




まとめ

サンタクロースの帽子をかぶって欲しいと要望したのはカード大手トップス社でした。

この時期外れなお願いに戸惑いながらも答えている大谷投手の可愛い姿がファンの間で話題になっています。
優しくてチャーミングな大谷投手の今後の活躍が楽しみですね!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください