千葉県野田市で車突っ込み信号待ちの3人死亡容疑者の顔や家族について

13日7時半ごろ、千葉県野田市で「3人をひいてしまった」と容疑者から110番通報がありました。

警察によりますと、横断歩道で信号待ちをしていた歩行者に
乗用車が老人介護施設の壁に突っ込みました。

ひかれたのは60代と70代とみられる男女3人で、搬送先の病院で死亡が確認されました。

なぜこんな悲惨な事故が起こったのでしょうか?

事故の様子や容疑者の顔、家族について調べます。

3人死亡の事故の様子

事故の様子や写真をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(参照元:http://www.news24.jp/articles/2019/03/13/07421260.html?cx_recsclick=0)

13日午前7時半ごろ、千葉県野田市野田の市道の交差点で
横断歩道で信号待ちをしていた歩行者に乗用車が突っ込みました。

警察によりますと、この事故で60代と70代と見られる男女、合わせて3人が病院に搬送されましたが、いずれも搬送先で死亡が確認されました。

警察はこの乗用車を運転していた自称 金子龍司(42)から事情を聴き、事故の詳しい状況を調べています。

金子龍司容疑者の顔やプロフィール

 

 

 

 

容疑者の顔写真を調べてみましたが、今の所出回っていませんでした

金子容疑者の顔が特定しました。

詳しくはこちら→金子龍司容の顔が特定!3人死亡事故原因は「ぼーっとしていた」

プロフィール
名前 金子龍司(かねこ りゅうじ)

年齢 42歳

職業 会社員

住所 千葉県野田市

容疑 過失運転傷害の疑い

金子容疑者の家族

金子龍司容疑者に家族はいたのでしょうか?

42歳とのことで、年齢的には妻や子供がいてもおかしくないですが家族のことは今のところ分かっていません。

もし家族がいたのならこの悲惨な事故について悲しみが隠せないのではないでしょうか。

事故の場所

 

 

 

 

 

千葉県野田市の市道 地図はこちら

現場は東武野田線の清水公園駅から南東におよそ500メートルの見通しのよい片側1車線の道路が交わる交差点です。

NHKのヘリコプターが午前9時すぎに上空から事故現場を撮影した映像では、事故を起こしたとみられる車が歩道を乗り越え、歩道の脇にある建物にぶつかっている様子が確認できます。

また、歩道の脇の縁石や建物の壁が壊れている様子がわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットの反応

まとめ

悲しいニュースです。

千葉県野田市で横断歩道信号待ちをしていた男女3人が車にひかれて死亡してしまいました。
被害者の方には心からお悔やみを申し上げたいと思います。

なぜこんな悲惨な事故が起きたのでしょうか。
容疑者の男性はなぜ事故を起こしたのでしょうか。今後の報道に注目です。

 

合わせて読みたい記事はこちら

金子龍司容の顔が特定!3人死亡事故原因は「ぼーっとしていた」

ボーイング飛行機墜落事故で世界各国運航停止するも安全だと主張を変えない姿に違和感

和歌山、徳島、大阪、淡路島で震度3〜4の地震

ブックマークお願いします
今日も読んでくれてありがとうございました




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください