初めてのボード選び一番おすすめはファンボード軽くて小さくて浮力アリ

 

サーフスクールに何回か通いサーフィンに慣れてくると

そろそろマイボードが欲しくなりますよね

 

マイボードさえあれば本格的に

そして気楽にサーフィンをすることができます

 

「でもどんなボードを買えばいいのかな?」

と気になっているのではないでしょうか

 

サーフボードの種類は大きくわけて

ショートボード」「ファンボード」「ロングボード」の3種類

 

今回はその中のファンボードについて

初心者女子におすすめな点をご紹介します




一番おすすめのファンボード!浮力・軽さ・ターンも可能

 

ファンボードはショートボードに比べて浮力があり安定感もありますので

「いつかはショートに挑戦したい」

という初心者さんの初めの練習ボードとしても人気です

 

いざ海でサーフィンの練習をスタートさせると

初めはスクールで習ったような

スープで練習したいという人も多いと思いますが

ファンボードでもスープで十分遊ぶことができます

 

また、大きくて重いロングボードと比べても本当に軽いので

持ち運びもしやすく海へ行っての出し入れやサーフとトリップもラクにできます

車にもサクッと積むことができますので

「今から海に行こう」と思い立っても簡単に準備ができます

 

ショートに比べて浮力が大きいのでパドルもテイクオフも楽にでき

ショートボードと違い、パドルもスイスイ進みます

 

少しのパドルでよく進むということは初心者サーファーでも体力も温存できますし

ショートボードよりテイクオフも簡単なのでサーフィンを思う存分楽しむことができます

うまくなりたいのであればたくさんの波に乗らなければならないですから

波に乗れた回数はサーフィン上達のスピードに確実に比例しますね

 

ファンボードでエアーを決めるというのはさすがに難しいようですが

大きな弧を描いたようなキレイなターンが可能です

 

ファンボードで大きなターンを描けるようになれば

次にショートボードに移行した時に大きな強みになります

体重移動や体の動かし方なども学べるというわけです

ファンボードで得た技術は将来も決してムダにならないのです

 

ファンボードできれいなカットバックができるようになれば

ショートボードも自由自在に操ることができるでしょう

 

まずは浮力があって軽いファンボードで

・波の見極め

・テイクオフ

・正しい体重移動

を学ぶのがオススメです




ファンボードのクセが邪魔?乗れない?エアーができないデメリット

 

 

上でも書きましたがファンボードでエアーを決めるのはムズカシイそうです

また浮力があるためにドルフィンの練習は全くできません

 

幅があるためパドルの掻き方が外に掻くようなロング風のクセが付き

ショートに移行したときにクセが抜けないと苦労する人もいました

 

なので「絶対にショートボードがやりたい」

「サーフィン=ショートボードだ」という人は

最初からショートを選ぶのもアリかもしれません

 

とはいってもボードは料金も高いものが多いですので

失敗したくない人はあなたの実力も理解しているスクールの先生に一度相談してから決めるのが良いでしょう

 




ファンボードの経験談・浮力があっても難しい!

 

私はスクールに何度か通った後

お世話になったサーフショップの先生に相談しながら自分のサーフボードを選びました

初めて買ったボードはファンボードです

 

軽くて浮力もあり スクールのスポンジボードと違って

自分のマイボードにワックスを塗ることができるという作業がとても嬉しかったのを覚えています

 

しかしファンボードも実際にやってみるとムズカシイ!

 

浮力もありパドルもスイスイ進むのですが

波をキャッチしうねりからテイクオフするとなると

かなりの練習が必要だと気付きました

 

 

運動神経がゼロというわけではなかったのですが

1年たっても思うように乗りこなせないので

「私の体重が原因で乗りこなせないのでは!?」と

自分の体重のせいにしたくなる時期もありました

 

そんな時期にプロサーファーを育てたサーフショップのオーナーさんと

一緒に海に行く機会があり

お願いして私のファンボードに乗っていただいたのですが

 

見事に乗りこなし波を切ってロングライドされていました!

めちゃカッコい良かったです

私の体重は50キロでオーナーさんは70キロぐらいだったと思います

 

私のファンボードは80キロくらいまで対応しているとのことで

自分の体重の重さが乗りこなせない原因ではなく

完璧に技術レベルの問題でした

 

体重のせいにして軽く現実逃避したくなるほど

ファンボードですら乗りこなすのには「練習が必要だ」ということを痛感した体験でした

 

まとめ

 

ファンボードのメリット

・浮力がある ・軽い

・小さい   ・パドルが楽

・ショートよりはテイクオフが簡単

・車に簡単に積むことができる

 

ファンボードのデメリット

・エアが難しい

・ドルフィンができない

・ファンでも乗りこなせないかもしれない

 

以上の点から考えて

 

運動神経にかなり自信があってショートボードを極めたい人は→ショートボード

運動神経にまあまあ自信がある人は→ファンボード

運動神経に自信がない人は→ソフトボードボード

 

といったところでしょうか

 

自分に合ったボードに出会ってサーフィンを楽しんでいきましょう!




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください