八尋潤が書かせた誓約書守らなければ虐待!「風呂場で泣き声が聞こえて」近所の住民の新たな証言

 

小学2年の長女(8)の両手足を縛って水風呂に入れて放置した事件で

殺人未遂容疑で再逮捕された母親(29)と同居する内縁関係の自営業、八尋潤容疑者(29)は

長女に10項目の誓約書を書かせていました。

そして守らないと虐待していたようです。

その誓約書内容は親にとって都合のいいことばかりでした。

驚くべき契約書の内容と、近隣住民の新たな証言もまとめます。

 

娘の両手足を縛って水風呂に入れて放置・虐待

小学2年の長女(8)の両手足を縛って水風呂に入れて放置した事件で、殺人未遂容疑で再逮捕された母親(29)と同居する内縁関係の自営業、八尋潤容疑者(29)は、長女と10項目の誓約書を交わしていた。福岡県警によると、誓約書には「うそをつかない」「いわれたことはいちどできく」などとひらがなで書かれ、最後に「これをまもります」とあった。3人の中で誓約書の内容に違反すると、水風呂に入れると約束していたという。誓約書は長女の机の前に張られていた。

約束を破った項目の数で水風呂に入れる時間が決められており、県警は繰り返し水風呂に入れていたとみている。長い時には数時間にわたって入れられていたという。八尋容疑者は「(長女を)たたくとあざが残り虐待がばれるが、水風呂に入れればばれないと思った」という趣旨の供述をしているという。

また、県警が押収したスマホの中には、2人が長女を水風呂に入れる動画が複数残っており、2人が「しつけ」と称して日常的に虐待を繰り返していたとみて調べる。(参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000040-mai-soci)

 

 

 

(参照元:https://www.fnn.jp/posts/00437080HDK)

誓約書の内容に違反すると、水風呂に入れると約束し、

誓約書は長女の机の前に張られていました。

八尋容疑者の「たたくとあざが残り虐待がばれるが、水風呂に入れればばれないと思った」

などと言う供述から、繰り返し虐待していたことが伺えます。

水風呂に入れるのは自分の罪が周りの大人にバレないようにするためだったようです。

残虐すぎて信じられないです。

 

虐待をしていた八尋潤容疑者(29)について

八尋潤容疑者(29)について詳しくはこちらをご覧ください

八尋潤の顔写真が特定!共犯者の母親の情報も!手足縛り水風呂放置で虐待、福岡県筑紫野市

 

 

(参照元:https://www.fnn.jp/posts/00437080HDK)




守らなければ虐待、誓約書の内容とは

 

長女が書いた手書きの誓約書の内容をまとめます。

「守らなければ虐待」契約書の内容
・うそをつかない

・いわれたことはいちどできく

・わがままをいわない

・やくそくをわすれない

・やることはじぶんでやる

・おこられることはしない

※項目は10項目あったが、県警は6項目のみ公表

・いわれたことはいちどできく・わがままをいわない・やくそくをわすれない

・やることはじぶんでやる・おこられることはしない

どれもこれも親の立場である八尋潤容疑者や母親にとって都合のいい約束ばかりで驚きました。

 

最後には「これをまもります」と書かれています。

 

契約書の項目は10項目ありましたが県警は6項目しか公表していません。

なぜ全て公表しないのでしょうか?

残りの4つは公表できない内容なのかもしれません。


八尋容疑者と母親はどう逃れていたのか?虐待発覚するまでの経緯

八尋容疑者と母親はどうやって日常的に虐待を繰り返していたにも関わらず

その罪から逃れていたのでしょうか?

 

実は、小学校教論が女児の体のアザに気づき 児童相談所に連絡したことで事件が発覚しました。

学校側が気付き対処してくれて本当に良かったです。

また、近所の住民も異変に気づいていたようです。

近所の住民の声「風呂場で泣き声が聞こえて…」

八尋容疑者が暮らすアパートの近所の住民も今回の事件発覚に異変に気付いていたとの情報がありました。

近所の住民の声をまとめます

風呂場で泣き声が聞こえて…」

「子供がうわーって泣くじゃない?それがちょっとひどくなったような…」

近所の住民の方もこの異様な泣き声を不審に思っていたようです。

しかし 実際に虐待の現場をみたわけでもアザを確認したわけでもないので

児童相談所へ相談するという行動までには繋がらなかったようです。

躾で怒られ泣いているのかという判断も難しいところですが

子供たちを虐待から守れるのは周りの大人だけです。

度を超えた泣き声のときには一度 児童相談所に報告してみるようにしましょう。




ネットの反応

まとめ

 

小学2年の長女(8)の両手足を縛って水風呂に入れて放置した事件で

殺人未遂容疑で再逮捕された母親(29)と同居する内縁関係の自営業、八尋潤容疑者(29)は

長女と10項目の誓約書を書かせていたことがわかりました。

近隣住民も虐待されている泣き声を聞いていたということもわかりました。

誓約書の内容はまだ6項目しか警察から発表されていません。わかり次第追記します。

八尋潤の顔写真が特定!共犯者の母親の情報も!手足縛り水風呂放置で虐待、福岡県筑紫野市

是非ブックマークお願いします!
今日も読んで下さってありがとうございました



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください