ワンマンワンウェーブ、ボードを手放さない、初心者サーファー必見サーフィンの押さえておきたいルール

サーフショップスクールのレッスンも重ねスープでのテイクオフも簡単にこなせるようになったらいよいよ他のサーファーに混ざって沖にでてみたいと思うのではないでしょうか?

沖に出てたくさんのベテランサーファーたちの中に入るということは自分だけが楽しいサーフィンができたら良いというわけではなく周りの人の迷惑にならないように注意も必要になってきますね

スクールでもすでに教わっていると思いますが沖に出る前にサーフィンの基本ルールをおさえておきましょう!




基本中の基本!1本の波に乗れるのは一人だけ【ワンマン・ワンウェーブ】

ワンマン・ワンウェーブ というのは「1本の波に乗れるのは一人だけですよ」という、波に乗っている人が安全に気持ちよくサーフィンするためのルールです。なぜこんなルールがあるかというと、サーフィンでの接触事故を避けるためです。

人が乗っている波には他の人は乗ることができません。詳しく説明すると、波のピーク(ブレイクする側)にいる人にその波の優先権があり、その優先権を持った人が波に乗ると他の人は乗らずに次の波を待ちましょう というものです。

波のピークから左右にキレイに割れる波の場合は右へ進む人、左に進む人と、左右それぞれ1人づつ乗ることができます。

波に乗る優先権のあるサーファーが波に乗っているのに、他のサーファーが波に乗るような行為を前乗り・ドロップインと言うのですが、ルールを破ってドロップインするとサーファー同士のトラブルの原因になることが多いので注意しましょう。接触事故にならなくても危険ですので怒鳴られても仕方がない行為です。

いくら仲のいい友達とサーフィンに行ってお互いに初心者サーファーで砂浜に向かって真っ直ぐテイクオフするという場合でもひとつの波に一人というルールは守るようにしましょう。真っ直ぐすべるつもりでもコントロールを失って接触してしまったり、コケたときにサーフボードだけが相手の方向にすべっていき、自分のサーフボードで相手を怪我させてしまうという恐れもあります。サーフボードは当たると大けがにもつながるほど大変危険ですしフィンは思っている以上に切れあじもあります。事故でサーファーの上をすべってしまい、フィンで相手のウェットスーツがスッパリ切れてしまったという人もいますし、サーフボードとサーフボードが接触してフィンがサーフボードに刺さったということもありあます。自分の腕を過信するのはやめて、ワンマン・ワンウェーブのルールをしっかり守りながらサーフィンするようにしましょう、

波によってはブレイクが分かりにくく、誰に優先権があるのかわからない場合もあるのですがその場合は基本的に先に波に乗った人に優先権があります。しかし混雑した海では優先権もわかりづらい場合もありますので、お互いに譲り合いの気持ちを持ち楽しくサーフィンするように心がけましょう。




サーフィン中はサーフボードを手放さいようにしよう

沖に出るときも、波が来てかわすときも、テイクオフしたあとも、きるだけ自分のサーフボードを放さないようにしましょう。サーフボードを手放すと波と一緒にコントロールを失ったサーフボードだけが勢いよく進んでいき、周りにいる人に当たって大けがをさせてしまうかもしれません。サーフィン中の接触事故が発生していますが、ボードを手放したことが原因で起こった事故も多いようです。もちろん、リーシュコードを付けるのは必須ですがテイクオフ後のライディングの最後にも、ワイプアウトしたときにも、沖から波が来たときなども、サーフボードを手放すと近くに人がいたら危険ですので覚えておきましょう

また、リーシュコードがついているから多少サーフボードが流れて行っても大丈夫という過信は事故のもとになります。そもそもリーシュコードも消耗品ですので切れてしまう恐れもあります。リーシュコードが破損しないように干すときにも紫外線を避けた日陰に干すなどの対応をすることや、定期的にチェックをして新しいものに交換するよう心掛けておきましょう。

泳ぎが苦手サーファーでも、全く泳げないサーファーでも、サーフボードがあれば海に浮かんでおくことができます。そういう点から考えてもサーフボードをどんなときでも手放さずにしっかり手にしておくということは周りのサーファーの安全だけでなく、自分の命も守ってくれるということを覚えておきましょう。


まとめ

いかがでしたか?今回は聞いたこともあるかもしれないほど有名な、基本中の基本のルールでした。このほかにもたくさんのルールがありますし、サーフポイントにとってはその土地独自のルールもあります。海の中だけではなく、車の駐車の仕方から様々なその土地での決まりもあったりしますのでローカルのお話もしっかり聞いてルールを守るようにしていきましょう。

サーフィンのルールについてはまた追ってご紹介していきますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください