パーリングが怖い!波が怖い!プロサーファーに直接聞いた初心者サーファーにもできる波の恐怖心克服法!

スープでのテイクオフができるようになってきたらいよいよ沖に出てウネリからパドリング・テイクオフに挑戦したいですよね。

このときに大抵の人がテイクオフに失敗し、パーリングしてしまいます。
波やパーリングに恐怖心をもっている初心者サーファーや女性サーファーも多いようです。

いくらテイクオフの技術やコツを学んでも、波や水が怖くて挑戦できなければ意味がないですよね。

そこで今回は「どうやったらパーリングの恐怖心を克服できるか」についてご紹介します

そもそもパーリングとは?パーリングの説明・原因について簡単紹介!

パーリングとは

パーリングとは、波に乗って立ち上がろうとしたテイクオフの瞬間にサーフボードの先端(ノーズ)が水中に潜ってしまい、体が投げ出されてこけてしまうことを言います。
サーフボードの先端が海に突き刺さり、そのせいで急ブレーキがかかり頭から放り出されてしまう状態なのでとても怖いと感じる人も多いです。コケた後はサーフボードが頭や体に当たらないかも心配ですし、海に向かって前転のようにひっくり返ってしまうこともあるので恐怖心を持つ人もいます。

パーリングする原因

原因としては
・重心が前に傾きすぎてノーズが沈んでしまっていたり
・波の勢いとテイクオフのタイミングがずれていたり
・パドリング速度が遅かったり
と様々です。以下で簡単に原因を紹介しますね。

重心が前に傾きすぎている

パドリングのときに前にポジショニングしすぎていると、前重心になり、波に押されたときに後ろからひっくり返ってしまいます。サーフボードの位置は体系や身長、体重によるので見極めが必要です。

波の勢いとテイクオフのタイミングがずれている・パドリング速度が遅い

波が巻くタイプの場合す早いテイクオフが必要なので、パッと立ちることができずに動きが遅いとパーリングしてしまったり、波が来た時にパドル力がなくパドリングが遅いと波によっては押されたときにぶつかりパーリングしてしまいます

 

プロサーファー直伝・パーリング恐怖心の克服法をご紹介!

インスタグラムでフォローしているプロサーファーの方がストーリーで「サーフィンの質問募集」をされていたので質問したところ、幸運な事に答えて頂く機会がありましたのでご紹介します!

プロサーファー直伝・初心者サーファーの波・パーリング恐怖心克服法】

ずばり ボディサーフィンをする でした!
ボディーサーフィンは波の力を最大限に利用しないと波に乗ることはできないので、波を知りタイミングを覚える練習になります。

なによりサーフボードがないので、テイクオフの過程がないのでパーリングしてサーフボードから落ちていく怖さが半減します。ボディサーフィンをすることで波の中でぐるぐる巻かれることにもなれるので、戯れるつもりでチャレンジしていきましょう。

オススメは、まず海に行ったらすぐにサーフィンをするのではなく、ボディサーフィンからウォーミングアップをしていく方法です。そのときに波が怖い人はスープの波からボディーサーフィンを試してみましょう。ウネリからボディサーフィンをやってみたいときは、サーフボードもありませんのでくれぐれも流されないように注意が必要です。離岸流につかまらないか、潮の流れもしっかりチェックしてから練習しましょう。

 

パーリングしないための方法

ボディサーフィンに慣れ、波に巻かれるのにもなれてきたらいよいよサーフボードを持っての練習ですが、パーリングを減らす方法をご紹介します

サーフボードの体のポジションを5cmだけ後ろにずらす

サーフボードの体のポジションを5cmだけ後ろにずらしてみましょう。体の重心が前寄りにあると、テイクオフの際に顔を早く上げないとパーリングしてしまいます。パーリングを防ぐ方法は、頭を上げて重心を後ろへ移動する事です。それを意図的に体の寝そべる位置で調整してしまう方法です。

後ろすぎると、波がきても置いていかれてしまうので難しいですが、パーリングの回数は減るはずです。

目線を上に上げる

ノーズや水面を見ていると、勝手に頭が下がった状態になり前重心になりパーリングする原因になります。

顔を早く上げ、はるか先の遠くを見るようにすれば、目線が早い段階で上がり体重も後ろにかかります。

その際にパドルをしている時点で体重が後ろ側にかかってしまうと波に置いて行かれてしまう原因になるので注意しましょう。

サーフボードを少し斜めにしてテイクオフする

波の斜面からボトムに降りていくときに、恐怖心を感じる方は多いと思います。
テイクオフをするときに少しだけサーフボードを直角ではなく左右どちらかに向けましょう。それだけで、恐怖心を半減できるはずです。まずは波を見て崩れる(割れる)方向を最初に予測しておきましょう。どちら側に崩れるか判断ができたらテイクオフ時のパドリングの際にサーフボードを左右にずらすことで直角にボトムに降りてしまう事を防ぐことが出来ます。落ちていく恐怖心が強い方に特に有効な方法になります。

テイクオフ体操でのポイント

海に行けないときに自宅でトレーニングする際に、テイクオフの動作をまねたテイクオフ体操をすると思いますが、ぜひ、床やマットレスの上でパドリングの動作から始めましょう。そのときに、しっかり顔を上げて遠くを見るようにクセずけていきましょう。いざ海の上でパドリングを開始した時に体が覚えていて目線を高く、遠くを見ることができ、テイクオフが簡単になります

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回はプロサーファーに教わった、パーリングの恐怖心を克服する方法として
ボディサーフィンで特訓するということをご紹介しました。
波が怖くて挑戦できなくて悩んでいるのであれば、やみくもにテイクオフに挑戦してパーリングが怖くて嫌になってしまう前に、海と戯れることを意識しながらボディサーフィンで慣れていく方法を試してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください