チグリス川で船の転覆事故の画像!90人以上が死亡、原因は驚きの定員オーバー数だった

中東イラク北部のモスルで3月21日

新年」と「母の日」を祝う家族連れを乗せたフェリーが

チグリス川沈没し少なくとも90人以上が死亡

子ども19人を含む55人が救助されました。

また、この船の驚きの定員オーバー数が報告されています。

なぜこのような船の事故が起こったのか

原因や現状を調べました。

また、事故の様子や救助された方についても画像をまとめました。

事故の概要

モスル、イラク、3月22日(AP)― 中東イラク北部のモスルで3月21日、「新年」と「母の日」を祝う家族連れを乗せたフェリーが、増水したチグリス川で沈没し、少なくとも90人以上が死亡、子ども19人を含む55人が救助された。
 モスルはかつて、イスラム教過激派組織「イスラム国」(IS)の拠点だった。
 同国北部ニーナワ県の民間防衛隊は、チグリス川が増水しており、流れが速かったことに加え、定員を超える乗客を乗せていたフェリーの故障も手伝って沈没したとの見方を示している。同防衛隊はまた、周囲に他の船が少なかったことも死者の数が増えた要員ではないかとみている。
 イラクのテレビ局は、モスルの裁判所がフェリーの乗組員9人を拘束し、フェリーが向かっていた遊園地の所有者に逮捕状が執行されていると報じた。
 イラクのアディル・アブドゥルマフディー首相は、犠牲者の遺族に弔慰を示すと同時に、当局に事故原因の究明を命じた。(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00010000-aptsushinv-m_est)

 

事故の画像や現状

 中東イラク北部のモスルで3月21日

「新年」と「母の日」を祝う家族連れを乗せたフェリーが

チグリス川で沈没し少なくとも90人以上が死亡

子ども19人を含む55人が救助されました。

その時の様子がこちらです。

(以下出典元:AP)

流されていく人たちの様子が映っています。

死者が多かったことなどからして

ライフジャケットなどの救命具は付けていなかったようです。

乗客も乗組員もまさか沈没するとは思っていませんでした。




定員オーバーの船が沈没、事故の原因は?


こんなに多くに死者が出てしまった

フェリーの沈没事故の原因は定員オーバーによるものでした。

船の定員は50人ですが250人が乗っていたとされ

転覆の原因になったとみられています。

50人乗りの船に250人…なぜこれほどまで載せる必要があったのでしょう。

お金儲けのためでしょうか?

軽率な判断で多くの犠牲者が出てしまいました。

その多くは女性や子供でした。

こちらは救出された子供達です。

(出典元:ANN)

また、情報によるとフェリーの故障も原因の一つとされています。

この日、チグリス川は増水しており流れが速かったことも一つの要因となっています。

こちらは救出にあたる人の画像です。

(出典元:ANN)

周囲に他の船が少なかったこともあり

救助できずに死者の数が増えてしまいました。




事故があった場所

事故があった場所はこちらです。

中東イラク北部モスルのチグリス川

普段は増水しておらず流れも事故当時ほど早くはないそうです。

(以下出典元:グーグルマップ)




この報道を受けてネットの声

この報道を受けたネットの声を調べました。

・定員オーバーに故障って、結局は人災って感じか。

・いくらなんでも、乗せ過ぎだろ

・水量多いし川の流れも速い。泳げる人でも落ちたら危険だ。
50人乗りの船にどうやって250人も乗れるのかな・・?





まとめ

イラクのチグリス川でフェリーが沈没し

少なくとも90人以上が死亡子ども19人を含む55人が救助されました。

事故の原因は船の定員オーバーや故障

川の増水でした。

フェリーの乗組員9人を拘束し

フェリーが向かっていた遊園地の所有者に逮捕状が執行されています。

犠牲者の遺族に弔慰を示すと共に

亡くなられた方には心よりご冥福をお祈りいたします。

中茎竜二殺意を否定!カンボジアタクシー運転手殺害に新たな供述「心から反省」

中茎竜二石田礼門顔画像カンボジアタクシー運転手殺害、逮捕時の写真も

石田礼門は元陸上自衛官カンボジアタクシー運転手殺害、ナイフや拘束直後の画像も

東京のキャバクラ店男性死亡、画像やプロフィール死因など「店で暴行されていた」

アポ電殺人犯人の顔や素性を特定!小松園竜飛、須江拓貴、酒井佑太の外にも犯人は複数人

モスク銃乱射テロ動画ライブ配信映像、犯行動機は「少女の死への復讐」

八尋潤の顔写真が特定!共犯者の母親の情報も!手足縛り水風呂放置で虐待、福岡県筑紫野市

是非ブックマークお願いします!
今日も読んで下さってありがとうございました




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください