ショートボードはサーフィン上達には不向き?利点やデメリット

 

サーフィンと聞くと

ショートボードで波の上を美しく切りながら走っている」というイメージが湧く人が多いのではないでしょうか?

サーフボードには大きくわけて

「ショートボード」「ファンボード」「ロングボード」の3種類があります

 

今回はその中のショートボードについて

初心者女子に分かりやすくご紹介します




ショートボードとは?簡単に言うと短いサーフボード

 

まずショートボードとは簡単に言うと短いサーフボードのことで

その名の通りロングボードやファンボードよりも短くて小さいサーフボードになります

 

上にも記載しましたがサーフボードの種類は大きく分けると三つにわけることができます

・ショートボード

・ファンボード

・ロングボード

実は明確な規定はありませんが

6’4以下のものはショートボードと大体認識されています

 

ファンボードが最低6’8ftぐらいで一般的ですから

ショートボードはそれよりも小さい6’5ft以下になります

特に決まりはありませんが幅は50センチ以下 厚みも6.5センチ以下が基本になります

 

ショートボードに乗るための理想的な体重は約70キロまで

とされていますが70キロオーバーの方でも上手い人は可憐に乗りこなしています




ショートボードの様々な利点・とにかくライディングがカッコいい!

 

一言でうと

「ショートボードはとにかくカッコいい!」

 

男性はもちろんのこと、女性がかっこよく波に乗る姿は

海にいて釘付けになってしまいます

 

ターンやエアーの技が決めやすい

 

ライディングがカッコいいと言うメリットにつながりますが

ショートボードの利点は技が決めやすいことです

 

ショートボードは大きな波に乗ってどんどん技を決めてダイナミックな滑りをしたい人にオススメで

ロングボードに比べて技が決めやすく特に若年層サーファーに人気があります

 

なぜ技が決めやすいかというとその理由はレールの厚みにあります

厚みが少ない分ファンボードと違い浮力が少なくなりますが

浮力が少ないということは体から伝わる力と体重がダイレクトにかかりやすいのでターンが決めやすくなるということです

 

サーフィン系の映画やDVDはショートボードが多いですね

観ていても波を切って走るダイナミックな動きはカッコいいので憧れる人も多いです

 

軽くて便利!移動と保管がしやすい

 

サーフボードといったら持ち運びや保管に悩んでしまうことありませんか?

ロングボードは長さもありますし重いので移動も保管も大変です

 

それに比べてショートボードはとてもコンパクトで軽いので

家の中にも持って入れますし部屋の片隅に置いていても絵になるほどオシャレですよね

 

軽くて小さいので車移動や手持ちでの移動がしやすいですし

大きなワゴン車でなくてもショートボードなら中積みで移動できますし

電車移動でもそこまで気になることがありません

 

また、保管をする際は場所をあまり選ばなくてもいいので助かります

外や庭に収納スペースがある家ならいいのですが

賃貸マンションはボードのためにラックを設置できない場合がありますし

大きなボードだと保管するためのスペースや構造も限られてきます

ウチはロングボードを横に寝かせて置くしかないので一部屋をまるまるボード部屋に使ってしまっています

 

その点ショートだと家の中に運ぶのも楽々できますし

サーフィンがしたいと思ったらその瞬間にサッと持ち運んで遊ぶことができるのが大きなメリットになります

 

サーフィンに欠かせないパドル力が上がる

 

ロングボードやファンボードと違い

ショートボードはパドリングのスピードを出すのが難しいボードです

これはショートボードのデメリットに成り得ますが逆を言うとメリットにもなります

なぜかと言うとサーフィンでパドル力は欠かせないからです

 

パドル力のない初心者の頃のサーフショップスクールでは

先生が後ろからボードを押してサポートしてくれますが

一人で海に行くようになるともう後ろから押してくれる人はいません

 

ショートボードでパドル力を鍛えることはどんな波でも乗りこなせるサーファーへの近道でもあります

だんだんとパドル力が身に付いてロングボードやファンボードに乗ったときには

よりスピードのあるパドリングができる可能性があります




ショートボードのデメリット!乗りこなすのが難しい

 

パドリングやテイクオフが難しい

サーフ映画やサーフィンのプロの動画を見ていると

いとも簡単にショートボードを乗りこなしています

 

見ているだけだと 波が来て→立って→横に走る

というだけの簡単なスポーツに見えますが

実際にやってみると上達・習得するのに何年もかかってしまうのではないか?というほど

難しいスポーツです

 

ショートボードには浮力がないためパドル力がないと前に進まずに波に乗る機会を失いやすいと言えます

パドリングが思うようにできないとサーフィンでは致命的です

何時間も海に浮かんでいるだけということになりかねないのでショートボードでは高いパドリング力が必要になるのです

 

またショートボードは波が大きければスピードのあるライディングができますが

スピードもパワーもない波では全くスピードがでません

 

パドリングやテイクオフが思うようにできず

さらに波によってはスピードも出ないなんてもどかしいサーフィンになるかもしれません

初心者の人は大波にチャレンジしなければいけないので経験も少ないとなると危険もともなう場合もあるということを覚えておきましょう

 

ファンボードを始めた人より上達が遅れる可能性がある

 

こちらは初心者がショートボードから始めた場合のデメリットです

なぜファンボードを始めた人より上達が遅れる可能性があるのかというと

ショートボードはテイクオフが難しいので

テイクオフができるまでにそうとうな時間がかかります

パドル力はつくかもしれませんが肝心なテイクオフ・そしてテイクオフ後の動きの練習回数が

少なくなる恐れがあるということです

 

同じレベルの友達と一緒に始め同じ回数海に行ったとしても

ファンボードを選んだ友達の方が何度もテイクオフを経験しているので

ショートに切り替えた後に楽々と体重移動やターンまでこなしてしまうということもありえます

 

まとめ

ショートボードを乗りこなす姿はとてもカッコいいですが

初めてのボードをショートボードから挑戦したために

サーフィンの楽しさを知る前にあっさり挫折して辞めてしまうと言ったことをよく聞きます

 

ショートボードは難易度が高いのでしっかりと考えてから判断しなければなりませんが

ある程度サーフィンに慣れている人や

運動神経に自信がある人、ボードの扱いにセンスがあり体力のある人なら挑戦してもいいかもしれません




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください