サーフボードを長持ちさせるサーフィン後の基本のお手入れについてご紹介

何時間もサーフィンした後はウェットスーツを脱ぐのも嫌になるほどクタクタに疲れているときがありますよね。

そんなときでもサボってはいけないのが「サーフボードのお手入れ」です

今回は大事なサーフボードを大事に長く使うためのお手入れ法をご紹介します

扱いは勿論、サーフィンの後はしっかりと手入れをしておくことがサーフボードの寿命を延ばすことにつながります。
たった3分の手間でサーフボードの寿命が大幅UPしますので、是非やってみてくださいね。

サーフボードのお手入れ、なぜ大事なの?

サーフィンの後のサーフボードは砂がついていなければ海水だし、そのまま車にポンと積んではダメなの?
と思う方がいるかもしれませんが、海水がついたまま片付けるのは絶対にNGです。
なぜかというと、サーフボードはとてもデリケートなものだからです。サーフボードの表面を覆う樹脂が海水で酸化し、黄色く変色するなど劣化の原因になりますし、フィンの部分の金具がさびる原因にもなります。サーフィンの後はしっかりお手入れをしてから車に乗るようにしましょう。

サーフボードのお手入れの仕方

サーフボードを洗うのは自宅に帰ってからでも構いませんが、帰ってからでは疲れて面倒になってしまうものです。また、少しでも早く海水を落しておく方が、サーフボードにとっても良いことですので水を準備しておいて海から上がった時に、きれいに水洗いしてしまいましょう。

準備するもの・あったら便利なモノ

準備するものは、

・真水
・タオル
・サーフスタンド だけです。

このときにサーフスタンドでなくても、100均などで手に入る簡易用の小さな折り畳みイスでも十分代用できますのでチェックしてみてくださいね。

サーフボードにお湯はNG

冬場など寒い時期は、自分のシャワー用としてタンクやペットボトルにお湯をいれて持っていきますよね。ひとつのタンクを用意して、サーフボードを洗う作業から自分の身体を洗う作業まで完結しようとしたくなるかもしれませんが、くれぐれもサーフボードにお湯はかけないようにしましょう。お湯などの熱はボードのフォームとガラスクロス等に負荷をかけてしまいますので必ず真水を使いましょう。

この、真水で洗う作業ですができればサーフボード用スタンドか、簡易のイスを使うことで効率よくサーフボードを洗うことができます。せっかく水で洗っていても直に地べたに置くとまた砂やほこりや泥がついてしまいますし、お手入れの際に地面やコンクリートなどの上にボードを置くと意外と簡単にボードが傷つく可能性もあります。傷がつかなくてもコンクリートに置いてワックスをぬったるするとそれだけで、重みで表面がへこんでしまったりもしますので気を付けましょう。

また、サーフボードを洗うときには大きなタンクよりもペットボトルがお手軽でオススメです。
お父さんや彼や旦那さんがお酒好きであれば大きな焼酎のボトルなんかも結構便利です。持ち手がついたものもありますし、バサッと狙って水をかけやすいです。

その他では、お手軽に手に入るのは2リットルサイズのペットボトルです。シャワーが完備されていない場所や有料の場所もあるので、サーフボード用に2本程度準備しておけば海水は十分にキレイに流せます。
最後にボード用のタオルも準備しておき、水洗いした後にボードに付着している水もしっかり拭いてあげましょう。

フィンの手入れの仕方

忘れがちなのがフィンのお手入れです。
さっとサーフボードの海水を流せたつもりでも、実はフィンは砂だらけだった…ということもありますので両面ともしっかり真水でながしてあげましょう。
また、フィンの取り外しができるサーフボードの場合、けっこう面倒ですがフィンを外して洗い流すことをお勧めします。 砂が入り込んでいたり、海水の塩でフィンを固定しているネジ(金属)が錆びてしまうこともあります。
毎回ではなくても定期的にチェックもかねてフィンのお掃除もしてあげましょう。

また、補足ですが大きいボードの場合はとくに、安全面の関係でサーフトリップなどのときにフィンを外してから移動するようにしましょう。移動だけだから大丈夫…と仮止め程度に軽めにしめて ケースに入れたりして、持ち運びされる方もいらっしゃいますが、車に揺られたりしてフィンが何らかのアクシデントで 斜めになり、フィンの角で穴が開いたり、また他のボードを傷付けてしまう恐れもあります。付ける際も、フィンのネジ締めはしっかりとしめて安全にサーフィンができるようにしておきましょう。

 

まとめ

サーフボードは思った以上にデリケートですのでちょっとした衝撃でも傷などがついてしまいます。
傷口からボードの中に海水が染込んで、放置しておくと腐ったり剥離などの原因にもなります。
また、自分ではぶつけた覚えが無くても気付かないうちにサーフィンの最中にダメージを負ったりしているケースもあります。
そんな点を踏まえて、最後にサーフボードを水で洗うときには傷などがないかこまめにチェックするのも大切ですね。

今回は大事なサーフボードのお手入れ法についてでした。
サーファーにとってサーフボードは相棒のような存在ですし、お値段も安くはありません。
長く使えるようにきちんとサーフィン後の手入れをしてあげることを心がけておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください