サーフィン初心者の上達練習法!まずはスープライドを極めよう

サーフショップのスクールを卒業して自分だけで海に行ってサーフィンの練習をはじめるのであれば、いきなりウネリからテイクオフしてみるのもいいですが、波に押されるという感覚を覚えるために波が崩れた後の白い泡の波であるスープでスープライドの練習をするのがオススメです

なぜかとうと

・簡単に波に押してもらうことができる
パーリングなど海に刺さりながらコケる心配がない
・安定しているのでバランスが取れテイクオフが簡単

というメリットがあるからです。今回はサーフィン初心者の方のオススメのテイクオフの練習になるスープライドの方法についてご紹介します




まずスープの波をキャッチすることから始めよう

初めはいきなりみんなと同じように大きな波でやっても上手くできないので、まず波が崩れた白い泡の波のスープで、波に押される感触を味わってみましょう。泳ぎに自信がない人でも足のとどくところでスープがあればスープライドの練習はできますし沖に流されたり大きな波も来ることもないので安心して練習ができるのもメリットの一つです。

スープに押されて走ってみよう

まず、パドリングはしないでスープが自分のところにきたタイミングでサーフボードに飛び乗り腹ばいになって岸の方へ滑っていきましょう。ボディーボードのようにただすべるだけですが波に押される感覚も伝わりすべるのも楽しいです。また、どのあたりに体重をのせたらいいかということもつかめてきます。

コツとしてはサーフボードに飛び乗るときに、スープとサーフボードを垂直にすることです。そうすることで波のパワーを生かせます。また、ただ飛び乗るのではなく岸に向かって足で地面をけって押し出しながら乗るとスピードもつきやすくスープに押してもらいやすくなります。スープに乗ることができたら手はサーフボードの前のノーズをつかむ感じで前に出しておきましょう。そして波に押されて走っている最中に足が水面にどっぷりつかってしまっていると失速の原因になりますので、足はなるべくサーフボードから出ないようにしましょう。

次に上体をそらせてすべってみよう

何度かやってみてスープですべるのに慣れてきたら今度は手を胸ぐらいの位置について胸をそらせ上半身を起こしながらすべってみましょう。この状態は次のステップのテイクオフ時の初めの姿勢になります。サーフショップのスクールでは砂浜の上で練習した動きですがスープで押されながらバランスを保ってこの動作をやってみましょう。

注意することは波が割れてスープになってから砂浜までの距離が短いとテイクオフできるタイミングがなかったり、パワーがあるスープの場合、地形によっては危険ですので遠浅であるていどスープが長く残っているポイントを選びましょう。

また、この練習は沖から乗ってくる他のサーファーさんがすべってくる場所からのスタートになりますので、周りのサーファーの邪魔にならないようなるべく人の少ない場所でやるようにしましょう。周りにサーフショップのスクール生や先生がいる場合は、他のサーファーと違って横にすべったりせずに真っ直ぐ進むだけのテイクオフの練習をしている可能性がありそのあたりの波はショップの先生が選んだ初心者に適している波が来ている場所ということなので、スクールの邪魔にならない程度の距離で練習をするのもオススメです


次はテイクオフ!スープライディングしてみよう

スープをつかみ腹ばいで乗ってすべることができて、さらに手を胸のあたりについて背中をそらすこともできるようになったら次はいよいよサーフボードの上に立ってみましょう。波に押されてサーフボードが滑り出し、胸の横あたりに手をついて胸をそらし、足を胸に引き寄せるようにして一気に立てみましょう。

初めにレッスンを受けたスクールの指導によっては、このテイクオフのときに膝をつき、立つという方法もあるので、これは自分の好きな方で大丈夫です。

初めはバランスがとれずにこけたり、波に置いていかれたりしますが、こけるということは頭が下に下がっていたり、手をつく場所が胸の下ではなく肩の下あたりであったり、立ったときの足の位置がおかしかったりと色々な原因が考えられます。また、波に置いていかれたとしたら、単純にパドリングが足りなかったのかもしれませんし、もしくはサーフボードが波に押されて走り出す前に先走ってテイクオフしてしまったか、スープにパワーがなかった などという原因が考えられます。

スープで波をキャッチしてテイクオフできるようになると、パドリングするときの自分の身体の位置や、サーフボードに立ちったときの足の位置が感覚で分かるようになってきますのでこの先のウネリからのテイクオフのステップにつながりますので根気強く練習しましょう!


まとめ

サーフィンを始めると、ベテランサーファーやサーフ映画のサーファーのように大きな波に挑戦したいと思うかもしれませんが、思った以上にサーフィンは奥が深くて難しいです。私もスノボをずっとやっていたので「きっとサーフィンもできる」と思っていましたがまったく別物でした。運動神経に自信がある人も基礎からきちんと学び1から練習しなければよほどの天才でないかぎりサーフィンはなかなか上達しないのではないでしょうか。

まずはこのスープライドに慣れることからやってみましょう。なれたら、次にウネリからテイクオフする練習に移行してもいいですし、まだウネリが少し怖いと感じるのであればサーフボードを短いものに変えてスープライドにもう一度挑戦してみるのもいいでしょう。大きなサーフボードよりもさらにパドリング力も鍛えられますし、テイクオフのバランスも鍛えられるのでオススメです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください