サーフィンの始め方!女性一人でも大丈夫?メリットとデメリット

サーフィンをやってみたい

でもどう始めたらいいのだろう?

サーフィンは「ハードルが高い趣味」というイメージがありますが

段階を踏んでいけば たとえ女性一人だとしてもあっさりスタートできます

コスパも良く経済的で

楽しみながら身体を鍛えることもできる

魅力がいっぱいのサーフィン

今回はサーフィンのメリットデメリット

そして始めるための第一歩について書いていきます

 




 

サーフィンのメリットデメリット

 

デメリット

・対自然のスポーツなので時には危険なことも
・紫外線が強いので年中焼ける
・初期費用はかかる

メリット

・何といっても楽しい
・海に癒されリラックスできる
・出かけてから帰るまでがサーフィンの楽しさ
・健康的な肌色に
・楽しく体を鍛えることができる
・一生の趣味になる
・何歳からでも始められる
・経済的でお財布にも優しい
・サーフィンを通して出会いが増える

 

 

デメリット

・対自然のスポーツなので時には危険なことも

こちらはどのスポーツにも言えることですが
やはり対自然ということで危険をともなう場合もあります

大きな波にのまれたり、他のサーファーとぶつかってケガをしたり
落雷やシャークアタックなど上げ出したら色々とありますね

しかし知識やルールを知っておくことで回避できることばかりです

波のコンディションの見極めや
サーファー同士のケガなども事前にルールを学ぶことで回避できますし
サメの巣がある場所に入らない、雷の恐れがある日も避ける など
こちらも知識を入れておくことでより安全にサーフィンを楽しむことができます

 

 

・紫外線が強いので年中焼ける

日焼けは多くの女性にとって天敵ですね

残念なことにサーフィンをすると確実に日焼けします

しかも、ビキニや薄着でできる夏はキレイに焼けるのですが
冬のウエットスーツを着る時期になると体が出る面積が限られますので
顔と手の甲と足のくるぶしから下だけ焼ける…なんてこともあります

今は飲む日焼け止めサプリや
サーファーやライフセーバーのために考案された日焼け止めもありますので
日焼けが気になる方はサーフィンを始める前にぜひチェックしてみましょう

 

・初期費用はかかる

コスパがいいと初めにお伝えしましたが初期費用はかかります

人それぞれですが、サーフスクール代、水着代、ラッシュガード代、ボード代、
冬もやりたい人は ウエットスーツ代

後はこまごました荷物等(タオル、水を入れるタンク、ビーサン、日焼け止め)などですが
ボードも中古であれば安く手に入りますし
ウエットスーツも体に合わせたフルオーダーにしなければ意外と安く手に入ります

 

メリット

・何といっても楽しい

波待ちの海に浮かんでいるときの海の透明度や太陽の温かさも気持ちがいいですし
波にのったときのふわっと浮かぶ感覚は何とも言えません

私の友達のサーファーは「波に乗る感覚はまるで魔法の絨毯にのっているようだ」と言っています
身体を動かし、自然に癒され
心もスッキリする素晴らしい趣味だと感じています

 

・海に癒されリラックスできる

サーフィンをしているときは広くて大きな海につつまれながら身体を動かしているので
嫌なことや悩みも吹っ飛びます

天気が良かったり海の透明度も高かったらなおさら最高の気持ちになります
疲れた後の帰り道での温泉はさらに最高です

 

・出かけてから帰るまでがサーフィンの楽しさ

波のために朝早くに出発し
サーフィンを楽しんだら帰りは温泉に入るのもすごく気持ちがいです

疲れた後に入る温泉やおなかペコペコで食べるランチは最高です
身体を動かした日の夜はぐっすり眠れますし
1日を通して楽しく過ごすことができます

 

・健康的な肌色に

美白派の方や美白女性が好きな彼を持つ方には少々厳しいですが
太陽光を浴びることで骨粗鬆症予防のビタミンDも生成されます

サーフィンをすると日焼けサロンに通わなくても健康的でヘルシーな小麦肌になります
私はウエットスーツなどで変に焼けてしまったときには
夏に海水浴に行ってサンオイルを塗ってキレイに焼いたりしています

 

 

・楽しく体を鍛えることができる

こちらも朝早くに出発しポイントを選ぶので早起きすることができますし
何より海の中で体を動かす全身運動なので自然とキレイな筋肉が付きます

とくに沖に出るためのパドリングは背中や肩、腕の筋肉も使うし
テイクオフをするときには下半身や腰の筋肉さらにはバランスをとるために体幹も使います

しかも早寝早起きの生活リズムも身に付きますので一石二鳥です

 

・何歳からでも始められ一生の趣味になる

サーフィンは若い子だけのスポーツではありません
未経験の70代、80代の方もサーフィンを始められた方もいらっしゃいますし
自分の体力や技術に合った波を選べば何歳になってもサーフィンを楽しむことができます

私自身もサーフィンを初めてから知りましたが
意外と海には年配のサーファーさんも多いんですよ

 

 




・経済的でお財布にも優しい

最初にある程度の初期費用はかかりますが
それはどの趣味を始めるときも同じですよね

なぜお財布に優しいかというと
基本道具さえそろっていれば体一つで楽しめるからです

車にボードとお湯を積んで海に行けばサーフィンができるし
帰りはタンクのお湯をかぶって帰るだけです

中には有料駐車場もありますがそれでもスノーボードのように
リフト代もかからずかなりお財布に優しい趣味になります

 

・サーフィンを通して出会いが増える

同じ趣味の友達がいたら楽しいですよね
サーフィンも続けているといつの間にか友達も増えます

波待ちのときも楽しいですし帰りにみんなで温泉に入ったりランチに行くのも
一緒にサーフトリップに行くのも楽しいですよね

新しく仲良くなった人から、サーフポイント情報など色んなことを教えてもらったり
と楽しさの輪も広がります

 

女性一人でも大丈夫?サーフィンの始め方

 

まずは勇気を出してスクールに予約

 

上で書いたデメリットの危険回避にもつながります

サーフスクールは講師の先生が
安全なサーフポイント選びや波選びサーフィンのルールまで教えてくれますので
ぜひ初めはサーフスクールに1度は行かれることをお勧めします!

サーフポイントの近くにはたくさんのサーフショップがあり
ネットで検索するとサーフスクールをやっているショップがみつかります

ブログやSNSをされているところも多いので
雰囲気やレッスン内容をみて自分に合いそうなショップを選びましょう

中にはプロサーファーを育てたという方もいらっしゃるので
そんな点も気にしながら選ぶといいかもしれません

プロを育てた方のレッスンはスパルタで怖いのでは?と思うかもしれませんが
実は真逆ですブックマークお願いします
今日も読んでくれてありがとうございました[/voice]

プロ育成された方は
初心者でも簡単に乗れる波を選ぶセンスがずば抜けてありますので
小さな波でも上手く乗せてくれるので「楽しい!」と感じる体験をさせてくれます

安全かつ真摯にサーフィンの遊び方を教えてくれ
とにかく楽しむということを第一優先に教えてくれます

サーフィンが気になったら
まずはサーフクールのチェックから始めてみて下さいね

ブックマークお願いします
今日も読んでくれてありがとうございました



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください