サーファー同士のトラブルを避ける!対処法やマナーのご紹介

サーフィンが上手くなってくるといろんな経験が生まれますよね。楽しい体験ばかりがベストですが、困る体験も出てくるかもしれません。しかし、知っておくだけで回避できる場合があります。
サーフィン中のトラブルを避けるために

・サーファーの邪魔をしないことや
・トラブル後の対処
なども覚えておきましょう。




ライディング中のサーファーの邪魔をしない

海は広いですが、サーフィンできる波が起こる場所は限られています。とくに夏になるとサーファー人口も増加しますので、接触事故が起こらないようにライディング中のサーファーの進路を防がないように注意しましょう。

もし、波待ちするときは沖にいるサーファーが波を捕まえてこちらに向かって走ってくることもありますが、その進路上にいないようにしましょう。

もし進路上にいた場合は、すぐにパドリングして他の場所に避けるようにしましょう。相手がサーフィン上級者であっても「避けてくれるだろう」と思わずに自ら邪魔にならないところに移動しましょう。

もし他のサーファーがすでに波に乗っているのにも関わらず、自分が波を捕まえるためにパドリングするのはトラブルの元です。サーフィンには一つの波に一人までというワンマン・ワンウェーブのルールがありますので他のサーファーがライディングをはじめたら次の波を探しましょう。また、ライディング中のサーファーを避けるときには、相手の動きを見ながら行動しましょう。波にもよりますが、サーファーの進行方向とは逆の方向に進むことで上手く避けることができます。逆に相手の進行方向と同じ方向へパドルして避けようとすると、ライディングしているサーファーと自分が同じところへ行き、ぶつかる可能性が高いです。とはいえ、波も相手も予測できない場合もありますので瞬時に判断が必要になってきます。ぶつかりそうな状況を作らないことが一番大事ですので、自分のパドルの速さや技術を過信せずに人が混み合っているポイントは避けるなどの判断も大切になります。

お互いに事故を起こさないよう注意して楽しいサーフィンにしましょう




もしもトラブルに発展したときの対処法

ルールを破ってトラブルに発展したとき

初心者サーファーのころは選ぶポイントも、選ぶ波の場所も小波が多いので、必然的に一緒に海に入っているサーファーも自分レベルの初心者サーファーが多いので、砂浜にむかって真っ直ぐすべる人ばかりで、ガンガン波に乗って横に走っている人も少ないかもしれません。しかし少しレベルが上がって少し大きい波に挑戦するようになったときにそこには横にすべって技をきめまくるサーファーやロングライドするサーファーなどが増えていきます。

十分に気をつけていても沖に向かう途中でサーファーのライディングを邪魔してしまったり、わざとではなくてもルールを破って他の人に迷惑をかけてしまうことがあるかもしれません。そんなときは、すぐにきちゃんと謝るようにしましょう。

すぐに誠意をもって謝ると大抵の相手は許してくれますし、今後自分は同じようなミスをどうやったら回避できるかという学びにもなります。

中には謝っても許してくれないようなサーファーや、怒鳴られたりするシーンに出くわすかもしれませんがルールを守らなかった自分が悪いのでさらにケンカをあおるような行動は慎みましょう。ケンカがヒートアップすると警察沙汰になるケースもあります。

怒っている相手ももしかしたらこの日のサーフィンのために毎日仕事を頑張り、この日を楽しみに何時間も運転して待ちに待った日の待ちに待った波だったのかもしれません。

トラブルがあってもお互いに理解しあって、今後も楽しくサーフィンができるように対処していきたいですね。

また、事故に発展してしまったときの対処法ですが、サーフィンにも保険があることをご存じですか?調べてみると、けっこうたくさんの会社がみつかります。基本的にどの保険会社も「賠償責任保険」という種類の保険になり、法律上の損害賠償責任を負うような事態になった場合、その金額を各保険会社が定める上限金額まで補償してくれるというものので車の保険と似ています。また保険会社によっては、自分自身のケガ・入院、死亡事故などの補償をしてくれるというものもありますので、これからがっつりサーフィンをやっていくと分かっている場合は一度調べてみるのもオススメです。




 

逆に、相手がルール違反をしてきたとき

もし、逆に波の邪魔をされたり、初心者サーファーがすぐ近くの進行方向の浅瀬で練習を始めたりしても怒鳴ったりケンカ腰になるのは大人の対応ではないのでやめましょう。

危険だった場合や危険な場合は一言 笑顔で注意することでお互いに気持ち良く安全にサーフィンすることができます。

自分がたまたま迷惑をかけられるという立場だっただけで、自分も目の前の相手のように誰か他のサーファーの邪魔をしたことがある ということを思い出しましょう。

寛大で心に余裕があるサーファーはカッコイイですよね。せっかく気持ちのいいサーフィンです。ルールを守りながらみんなで協力して楽しいサーフライフにしていきましょう。




サーファー同士のトラブルをさけるために

トラブルがあったときの対処法をお伝えしましたが、そもそもトラブルを作らないサーフィンが理想ですよね。
注意していたら回避できるものばかりなので、頭に入れておきましょう!

サーファーのライディングラインからはゲットアウトしない!

サーフィンしている人のライン上、相手がサーフボードですべっている延長上でのゲットアウト(沖に向かうこと)は相手の邪魔にもなりますし、最悪の場合 重大事故の原因になるので絶対してはいけません。途中でワイプアウトしてしまい、どうしても通らなければならない時はなるべく早く通過するようにしましょう。

他の人がサーフィンしているライン上ではなく遠回りをして沖に向かうようにすることで邪魔にならないし、接触事故も防ぐことができます。距離が増えるのは大変ですが、パドルもサーフィン練習・上達の一部です。あなたのパドル力のパワーアップにもなりますよ。

まとめ

サーフィンのトラブルの対処法や、回避法についてのご紹介でした。

頭に入れておくだけで、回避できるものばかりです。
みんなで楽しく気持ちのいいサーフィンができるようにしていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください