オアフ島でサーフィン!ベストシーズンから初心者~上級者サーファーオススメのビーチ

前回の記事で「ワイキキサーフィンの魅力」や、「初心者サーファーがハワイサーフデビューで気を付けること」について書きました。サーファーが1度は行ってみたいハワイ。ハワイにはまだまだたくさんのサーフスポットがあります。

そこで今回はオアフ島にある
・サーフィン向けのビーチ や
ハワイサーフィンのベストシーズン についてご紹介します。

ハワイでサーフィン!ベストシーズン・初心者は夏・上級者は冬

ハワイでサーフィンを行うベストな時期はいつごろでしょうか?
常夏のイメージのハワイですが実は年中夏というわけではなく、夏と冬という2つの気候があります。それぞれの時期で波の高さが変わりますので旅行に行くときには注意しておきましょう。

夏は比較的穏やかな波の性質をしており、冬に差し掛かるにつれて高い波が押し寄せるようになりますので初心者サーファーは夏、ベテランサーファーは冬のサーフトリップがオススメです。

 

ハワイの人気おすすめサーフィンスポット

ハワイの波はサーフ映画で見るような大きくてパワーのある波ばかりのイメージがありますが、初心者サーファーでも楽しめるファンなサーフポイントはたくさんあります。
サーフィン初心者から上級者まで楽しめる、ハワイのオアフ島のおすすめサーフスポットをご紹介します。

サーフスポットによっても波の高さや集まる人も変わってきますので参考になれば幸いです。

 

初心者向けサーフィンスポット

サーフィンの初心者の方は、リーフでのサーフィンよりもより安全なワイキキビーチやアラモアナボウルズなどの砂地がおすすめです。1年を通じて比較的穏やかな波で楽しめます。

ワイキキビーチ

おすすめしたいのが、ハワイの顔ともいうべき「ワイキキビーチ」です。遊泳のみならず、サーフィン初心者向けのスポットとして有名です。ワイキキにはいくつかサーフィンスポットがあるのですが、波が比較的穏やかであることと、サーフィン用具を気軽に借りることのできる環境が整っているので子供や初めてサーフィンを体験する方、初心者サーファーの方におすすめです。ワイキキでは、サーフスクールのレッスンも頻繁に行われているので、初心者の方はぜひ気軽にスクールも活用してみましょう。

クイーンズ

ワイキキから歩いていけるロングボードのメッカがクイーンズになります。カラカウア通り沿いにあるクヒオビーチパークのアウトブレイクするポイントがあるのでサーフィンビギナーにも優しい波が多いのが特徴です。ロングボードをビーチで借りることもできますし、ワイキキ同様サーフレッスンも行っているので、ハワイでサーフィンを始めたい方にはおすすめです。ハワイアンサーファーはロングボーダーも多いのでロングボードにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

コックローチベイ

オアフ島を右回りし、シーライフパークを過ぎたあたりに見えてくるのがこのコックローチベイです。コックローチ・ベイCockroach Bayを直訳するとゴキブリ湾ですよね。すごいネーミングなので、なぜこんな名前になったのか気になったので調べたところ、「名前を聞いて人が寄って来ないようにするため」など由来は諸説あるようです。
秘密にしたいほど美しいビーチというところでしょうか。
イーストサイドに位置しており、最適なファンウェーブが楽しめるポイントです。キレイな海でカレントも弱く、メローな波質のため、子供から大人まで楽しめますしサーファー人口も比較的少ないようです。

中級者向けサーフィンスポット

中級者はダイヤモンドヘッドなどのサーフポイントがおすすめです。ダイヤモンドヘッドのふもとに位置するブレイクにはクリフスとライトハウスがあります。ライトハウスは、浅くなっている場所もあるので、中級者〜上級者の方におすすめのスポットです。ワイキキよりもうねりを拾いやすいことから、ほかの場所に波が無いときに多くのサーファーが波を求めてダイヤモンドヘッドへと向かいます。またライトハウスは、ショートボードの上級者が多いので、初心者やロングボードのサーファーはクリフスの岸に近いところがおすすめです。

上級者向けサーフィンスポット

アラモアナボウルズ

世界中からあらゆるサーファーが最高の波を求めて訪れるポイントが「アラモアナボウルズ」です。とくに夏の時期には左側へ崩れる波がチューブを巻くこともあり、上級者サーファーのメッカとなっています。

中級者〜上級者にとっては難易度の高い技に挑戦できるスポットでもあるため、サーフィンには絶好のポイントとして知られています。ここは地元のサーファーも多く訪れているので、マナーには注意しながら刺激的なサーフィンを楽しみましょう。

バンザイ・パイプライン

サーファーならば知らない人がいないと言われているほど有名で名高いスポットが「バンザイ・パイプライン」です。

パイプ管のような強烈なチューブを巻くことからこの名前が付けられたともいわれています。ビーチそのものは「エフカイビーチ」という名前で、波を背にして左側へ崩れていく波が「パイプライン」と呼ばれています。とにかく上級者向きの場所です。この世界最高の波を求めて10月の終わりから3月の初め頃にかけて、世界中からプロサーファーが集まります。プロのサーフィンを目の当たりにしてみたいですね。

サンセットビーチ

ハワイで一番長いビーチのひとつであるのが「サンセットビーチ」です。名前の通り美しいサンセットを眺めることができます。名前だけきくと穏やかな海のイメージですが、このビーチも冬の時期になると3〜8メートルほどの高波が押し寄せるので、こちらも世界中からプロサーファーが集まることで有名なスポットです。
プロや上級者サーファーのアグレッシブで豪快な技を見ることができるのも魅力のひとつですですので初心者であれば観光がてら行ってみたいですね。

まとめ

いかがでしたか?オアフ島のサーフインビーチのご紹介でした。
ハワイには初心者からプロまでが楽しめる波がたくさんあります。

腰が重くなる日本の寒い時期のサーフィンですが、ハワイでサーフィンすることを目標にして練習を頑張り、上達・技術向上し、
ハワイサーフトリップを楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください