おジャ魔女世代大集合!おジャ魔女どれみ20周年!クレヨン王国にデジモン!当時を振り返る

テレビアニメおジャ魔女どれみが放送を開始して2019年2月7日でちょうど20周年
放送時間だった8時30分に合わせて20周年記念公式サイトがオープンしました!
あれから20年にもなるんですね!

おジャ魔女どれみ夢のクレヨン王国そしてデジモンなど
懐かしのアニメについて振り返ってみました


スポンサーリンク

 

おジャ魔女どれみ 20周年 記念サイト20年前の番組開始時間に合わせてオープン

「おジャ魔女どれみ」は、1999年2月から2003年1月にかけて放送された東映アニメーション制作のオリジナル魔法少女アニメシリーズ。
「おジャ魔女どれみ」「おジャ魔女どれみ♯」
「も~っと!おジャ魔女どれみ」「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」
のテレビ4作品とCS向けの番外編「おジャ魔女どれみナ・イ・ショ」が放送されました





また、アニメニュースサイト「PASH! PLUS」で特集記事の連載を開始。思い出コラムや当時のスタッフ、キャストらによる座談会などが3回に分けて配信されます。さらに、3月23日開催のAnimeJapan2019(東京ビッグサイト)でのステージイベント「おジャ魔女どれみ20周年記念~マジカルステージ~」の出展も決定しています

当時の番組開始時間に合わせてサイトオープンとは面白いですね!

おジャ魔女どれみを振り返るカンタンあらすじ説明

ドジでみんなにバカにされる自称「世界一不幸な美少女」春風どれみ(小3)はひょんなことから本物の魔女・マジョリカと出会う。この時マジョリカが魔女であることを、どれみが見破ってしまった為に、マジョリカは魔女ガエルの呪いの力により魔女ガエルとなってしまう。


魔女ガエルは衝撃の姿でしたよね!


魔女ガエルに変えてしまったマジョリカを元の姿に戻すため、どれみは幼なじみの藤原はづき、妹尾あいこ、妹のぽっぷと共に魔女見習いとして修行に励む

作品の生みの親は「夢のクレヨン王国」のプロデューサー達!

この作品の生みの親は、前作「夢のクレヨン王国」でプロデューサーだった関弘美、脚本家の山田隆司、シリーズディレクターだった佐藤順一の3人で、原作も何もなかったので、関は魔法や魔女に関する書籍など、要となる資料を片っ端から集めたそうです。

特に関を共感させたのが、「夢のチョコレート工場」の作者ロアルド・ダールの『魔女がいっぱい』で、関はこの書籍のストーリーではなく、「たくさんの魔女が人間の世界に入り込んで生活している」と言うところに惹かれ、イメージとして企画した。これが採用され制作が開始されました

「夢のクレヨン王国」も可愛かったですよね!まさかそのプロデューサー方が「おジャ魔女どれみ」を制作されていたとは驚きです!





当時リアルタイムでおジャ魔女どれみを見ていた人の反応







おジャ魔女どれみからデジモンの流れ

おジャ魔女どれみの後に放送されていたデジモンアドベンチャーことデジモンをセットで見るのが日曜日の楽しみでしたよね




まとめ

懐かしの「おジャ魔女どれみ」放送からはや20年!
当時の様子を振り返ってみました
デジモンや夢のクレヨン王国など懐かしのアニメまで出てきて
当時のことを思い出しますね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください